So-net無料ブログ作成

大相撲の世界で「ごっつあんです」は今も角界に通じるか [旅で読む本]

暴力団員とスポーツ選手の違いはなにか?

簡単に言えば、

問題解決に暴力団員は暴力を使うが、スポーツ選手は暴力を使わない。

煎じ詰めればこういうことと考えられるが、

こんなことを知らない大相撲界の最高峰である横綱が、

問題解決に暴力を使ってしまった!



個人格闘技である大相撲の世界で、

未だ横綱引退後までも、横綱日馬富士の暴力事件で大騒ぎだ。

先日の引退報道には号外まで出した新聞社がある。

関心の高さが伺える。





日馬富士は引退の記者会見までPTA付きで実施したが、

被害者である貴の岩に対しては先輩として指導はしたが、

明確な謝罪はしていない。




詳しく言うと、

暴力事件の際日馬富士は、

貴の岩を殴る前に、

傍にいた関脇照の富士に二回平手打ちしたという。

その際、照るの富士は、「ごっつあんです」といって終わったという。

しかし貴の岩は殴られると睨み返したという。

正当な理由もなくなんで俺が殴られなきゃいけないのかと?

PTA付と書いたが、Pに相当する親方も違和感を感じていない。

その辺が、推測になるが事件が大きくなった分かれ道と言われる。



相撲界は特別な社会といわれるが、

日本で生活する限りは、

法の下に横綱も序の口力士も平等であるはず。


それが昨日の記者会見では、

さながら外交官特権でも与えられているような振る舞いでないか。

立派な後援会があり、いつも熱烈歓迎される人気者である!




しかしながら、人気者であるからと言って、

法を超えて何をしてもいいということは全くない。

相撲界のトップにありながらそれが分かっていない。

悲劇の始まりはここに根がある。



今回の件は、法治国家のもとで社会生活をするに当たり、

今回の出来事は傷害事件以外の何物でもない。



横綱が、礼儀礼節を他人様に説くなら、

まずお手本を垂らす意味で正式な謝罪があってしかるべき。



空手家とか柔道家などと同様力士が人を殴るのは、

凶器で殴ったのも同然視されるという。

こういうことも自覚せずに、

頭部を縫うほどの重傷を負わせながら謝罪もしないというのは、

人の踏むべき道ではない。



今後力士志願者は、

暴力をふるうことは、

礼儀礼節以前の禁止事項であることをよく自覚したらと思う次第。

力士になることは大変な覚悟がいることと心すべきである。

これは、前述のとおり社会人一般に言えることである。



昭和の大横綱、横綱のお手本と言われた双葉山は、

69連勝の記録以上に品格があったことで有名である。


氏については種々の著書がある。

力士志願の人は、或いは相撲ファンは読んでみてはいかがでしょうか。

横綱の条件たる「力量と品格が抜群である」との看板が、

今泣いている。


⇓記録もさることながら、品格で尊敬された横綱双葉山⇓


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。