So-net無料ブログ作成

諏訪湖花火大会   打上数    武田信玄 [旅の友]


諏訪湖花火大会は日本でも大変人気が高い花火大会。
戦国時代、武田信玄の側室が住まわれたことでも有名なところ!
花火大会の人気の高さを測る指標としては、
人出数、打上数、行ってよかった人数・・・・・・などあるようです。



ベスト3を挙げると次のようになります。



人出数でいうなら、
わっしょい花火大会(北九州市、以下花火大会は省略)>天神祭奉納(大阪市)>関門海峡(下関市)
の順番になります。



花火打上数で言うなら、
諏訪湖祭(諏訪市)>ふくろい遠州(袋井市)>ふるかわ(古川市)



少し変わった指標では、「いってよかった花火大会」がありますが、
これによると
おんまく(今治市)>神奈川新聞(横浜市)>こうべ会場(神戸市)となります。



このたび、打ち上げ数4万発を誇り1位となる、
この諏訪湖祭花火大会に行ってきました。



かねてから、一度見たいと思っていたので、
今年は宿を予約して行ってきた。

度肝を抜かれるのは「ナイヤガラ」の全長なんと約2km!

加えてその全体規模は、4万発の打ち上げ量で全国 No.1!

口コミでお客様が押し寄せるはず!

いまじゃ諏訪の御柱と並ぶ全国区イベント!


写真1
諏訪花火青.jpg



写真2 
諏訪花火赤.jpg






そもそもこの花火大会は、
1949(昭和24)年、終戦後の混乱が続くなか、
市民が明るい希望を持ち一日も早く立ち直ることを願い始められた花火大会。

信州はいうにおよばず、全国でも屈指の規模を誇っている。

特に注目されたのは次のナイヤガラと呼ばれる水上スターマイン。

諏訪湖面へ華麗に流れ落ちる全長約2kmものナイヤガラと、
諏訪湖ならではの水上スターマイン「Kiss of Fire」。

色の変化も含めて、拙者が撮影した色変化を伴うナイヤガラを紹介します。

「Kiss of Fire」は水面ぎりぎりで披露されるため水上に半円の花が咲いたようになる。


湖面が鏡の役割をし、映し出された半円の花火とつながり、
まるで一つの円のように見える。


夏の夜長は、家庭でも花火が楽しめます。

家庭用花火も年々進化しプロも一目置くようなものさえあります。

⇓家庭用花火はこちら⇓


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。