So-net無料ブログ作成
検索選択

ご臨終の七不思議  看取り人   やすらぎ   [旅で読む本]





じっくり考えてみますと人間は誰しも生まれると同時に、

死に一歩ずつ近づいているのは、

まぎれもない事実なのです。



別の言い方をすれば、執行日未定の死刑囚のようなものでしょうか。

然しながら日々の生活において、

この事実を自覚する人は、

とっても少ないようです。

これが生活に追われた一般人の姿でしょうか?

実態として・・・・・・。



裏返して見ると、

これは死に対して少なからず畏怖の念を持っているからでしょう。

敢えて触れたくはないのでしょうね。

私も縁起でもないと逃避するタイプ。





門松は 冥土の旅の 一里塚  めでたくもあり めでたくもなし



角松.JPG角松.JPG




このような短歌を詠んだ有名な俳人もおります。

死に対する畏敬の念を持ちつつ、

冷静に受容しているように思われしかたありません。




日本社会はすでに高齢化社会を迎えています。

政府が使う用語では前期高齢者・後期高齢者などに属する方々は、

内心穏やかではないでしょう。



その一人がいうまでもなく私なのです。

常日頃、内心穏やかになりたいと思いつつ、

穏やかになれずに今に至っています・・・・・・。




数千の看取りに立ち会ってきた医師で作家でもある志賀貢氏が、

50年間でわかったこと

いまなおわからないことを

淡々と述べています。




そして、

誰も見抜けなかった、

死の直前に生起する七不思議が述べられています。

七不思議は実に驚愕の話で、

実際お読みになられてください。

為になります・・・・・・。


臨終.JPG





本著を読ませていただきましたが、

このような念から解放され、

その瞬間を安心して迎えられる心構えが、

自ずとできるようになります。

安らぎすら覚えるでしょう!!

「何事も備えあれば憂いなし」でしょう。




是非ともおススメしたい本です。

送料は無料です。

あなたにも、安らぎのある人生をおくってもらいたいから。

この拙い文を書きました・・・・・・。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0