So-net無料ブログ作成
検索選択

多数の会葬者が参列して12月30日に亡くなられた修道女渡辺和子さんの学園葬がしめやかに行われました・・・ [旅で読む本]



3000人の会葬者があったからとて、その人が偉大であったとは言えないでしょう。

種々の勲章を授かったからとて、この方が偉大であったとは言えないでしょう。

ベストセラーを書いたからとてその方が偉大であったとは言えないでしょう。

量よりむしろ質、渡辺さんが歩んでこられた人生の軌跡を見れば分かるのでしょう。




岡山県等でミッションスクールを運営する、

修道女であり学校法人ノートルダム清心学園の理事長で、

昨年12月30日に89歳で亡くなられ渡辺和子さんの学園葬が、

2月12日午後1時からしめやかに、

岡山市中区門田本町の岡山国際ホテルで行われました。




渡辺和子葬儀.JPG



 
同学園が主催し、ノートルダム清心女子大の高木孝子学長が葬儀委員長を務めた。

追悼ミサとお別れの会の2部構成で行われ、ミサでは聖歌、祈りをささげられた。

引き続き日本カトリック学校連合会、同窓会、グループ校園の代表者らがお別れの言葉を述べられた。




 
渡辺さんは9歳の時に二・二六事件で父の陸軍教育総監の渡辺錠太郎氏が、

殺害される現場に居合わせるという数奇な運命を担うのであった。





渡辺錠太郎.JPG



修道女となられた後、

1963年に36歳の若さでノートルダム清心女子大学長となり、

1990年に同学園理事長に就任した。

修道女としてだけでなく大学教育・講演・文筆活動等も盛んに行われ、

2012年発刊の著書「置かれた場所で咲きなさい」はベストセラーになり、

ロングセラーとなり今に至っている。




他にも「面倒だから、しよう」や「ひととして大切なこと」など、

多くの人々に読まれ共感を受けている。



1979年に山陽新聞賞、89年に岡山県三木記念賞、2016年に旭日中綬章を受けた。

謹んでご冥福を祈ります。



⇓著書の詳細はここをクリック⇓
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0