So-net無料ブログ作成

オホーツク温泉ホテル日の出岬   毛ガニ   弱アルカリ性風呂 [北海道]


日常の仕事の癒しに、北海道は雄武町にある温泉に骨休めに行ってきました。
まず羽田から1時間55分全日空機に揺られてオホークツ紋別空港に到着。

440雄武町.jpg


紋別空港からバス乗車時間45分で、
オホーツク温泉ホテル日の出岬に到着しました。


約3時間で都会の蝉噪から解放されるとは夢のようでした。
またこの空港利用者は紋別市から1万円の補助が出ます。
理由は利用者減による廃線防止のためだそうです。

蝉噪からは解放はされますが、寒さはマイナス20℃あまり、
なんでもいいこと尽くめではありませんよ。


一泊二日の旅ではありますが、結果的にいいことがたくさんありました。


まず第一には、露天風呂で水平線からきれいに上がる美しい日の出を、
目の当たりにすることができました。
まさしく西方極楽浄土ならぬ東方極楽浄土にいる感じがしました。ホテル内で何度かここを利用している客に出会いましたが、
あなたはラッキーとの話。
以前宿泊した客で初日の出を見たいと予約したが、
駄目でしたなどという客もいました。
ま、私は何とラッキーだったか!と思いました。



オホーツクホテル.JPG


次にこの温泉ですが中々サービスがよろしい。


源泉温度は62℃ということもあり、
内風呂には熱い風呂・普通風呂・ぬるい風呂と三種類の用意があります。
私は血圧の関係もありぬるい風呂が好みですが、
湯加減もせず一発で選択できることは満足でした。
お湯につかりながら窓の外に展開する地平線を見ていると、なんとも言えないいい気分。


食事は海の近くということもあり、海鮮料理に溢れています。
でも肉料理が全くないというわけではありません。
近くに住む鹿も食材として使用され、鹿肉ステーキなるも初めて食べ、
いい思い出になりました。
また毛ガニなども新鮮でとても美味しかったです。


朝食はバイキングスタイルでしたが、
イクラなどかけ放題ということで、
ほかにおかずがたくさんあるのですが、
ついついこちら重視の朝食となりました。


外出すると寒いので室内から海を見ていましたが、
相性が良いホテルなので流氷がみられる頃また来たいなと
思い予約を入れて帰途につきました。

⇓ご予約はコチラから⇓


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。